こころとからだの心理学 vol.1 心理学の新しい分野

さて、今日から7回シリーズで「こころとからだの心理学」というコラムを書いていきます。
以下のリンクからも読むことができます。

vol.1 心理学の新しい分野
vol.2   カウンセリング現場の実際
vol.3   第四世代のマインドフルネス
vol.4 こころの周辺にある「からだ性」と「瞑想や宗教性」
vol.5 日本人の特性とこれから
vol.6 有機的なからだとは
vol.7 傷や悩みが癒えることについて

ではvol.1から始めていきます。

こころとからだの心理学 vol.1

心理学の新しい分野

 

「こころとからだはつながっている」

この考え方は、心理学の分野では新しい分野です。

え?あたりまえのことじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

特に、曖昧さをすぐに受け入れる日本人的な感覚でいうと、もともと知っている感覚です。

けれど、心理学の分野は(少なくとも教育機関で習う心理学は)、アメリカの精神医学会がリードしてきたため、日本はそれに追随するように学問中心、言葉中心の心理療法、薬物療法が主な時代が続いてきました。

そのために、一般的な“あたりまえ”が忘れ去られ、紆余曲折しながら結果、自然の大切さ、呼吸や人とのつながりの大切さなど“あたりまえ”だったものを、後を追うようにして統計や科学的に説明しようとしているのが学問なのかと思うことがあります。

vol.2   カウンセリング現場の実際 へつづく

関連記事

PAGE TOP