ごあいさつ

うぐいすと桜はじめまして。「この花舎」の千賀子と言います。臨床心理士でスクールカウンセラーをしながら、【こころと育ちの研究所 この花舎】の運営をしています。

これまでの経緯

15歳の頃にマザーテレサの本を読んだ事がきっかけでカウンセラーを志し、大学と大学院で心理学を学び、臨床心理士となる。東京都公立小学校と中学校のスクールカウンセラー、東京都の区部の教育相談員、子育て支援カウンセラー、子ども家庭支援センターの子育てワーカー、保育専門学校の講師、児童発達療育主任など務める。

上記と並行して開業し、2012〜15年に「ママがわたしに戻る時間」という癒しのワークショップ、その後2018年前後は、癒しの分野から発展したヒーリング関連、瞑想や舞のイベントを主催。

コロナ渦で休業しHPを大幅に変更、2021年秋に再オープン。

国内外のトレーニング履歴一覧

SE™プラクティショナートレーニング(2020~)
Safe and Sound Protocol Trainig2020
・思考場療法 the Algorithm Level2020
Yoga Ed. Teacher guidance tool workshop2019
Body Element System Japan Pilates Method Teacher2017
・表現アートセラピートレーニングコース(2017
・クラニオセイクラル(頭蓋仙骨)トレーニング(20162017
・箱庭心理セラピスト養成講座(2016)
Kunlun Neigung System(2015~現在)
・エリクソン催眠プラクティショナー認定コース(2014
Tao&Tantra Trainig in Italy (2013)
Fumalhut Healing Class2012
REIKI Japanese Healing Method2008

その他、臨床心理士の資質向上のため2004年より定期的に日本臨床心理士会、東京学校臨床心理研究会などにて研鑽を続けている。

 

聴くこと観ること

これまで0〜18歳の子どもへのセラピーと、親御さんや支援者向けのカウンセリングとコンサルテーションの機会をいただいています。たくさんの出会いの中で、そのままを聴くこと観ること、子どもが発していることを大人へ通訳することが主な仕事です。

それから、もっとも難しい心理療法と言われている、子どものプレイセラピーで象徴や布置(物事の絶妙な配置と、シンクロ)を見守るという経験を積んできたこと、お子さんと関わる大人の在り方が変わることで現実が変わっていく臨床の現場に長年、携わってきたことが財産です。

古きものと新しきもの

心については伝統的な心理学から始まり、エネルギー心理学やソマティック心理学、神経系のトラウマ療法など新しい流れに沿うように学んできました。一方で、からだに関しては「伝統」に心惹かれ、座禅や瞑想、舞や武術など”東洋的なからだ”に関する実践を探求しています。そして、それらを”やさしい日本語”と女性の感性で、一般社会や次世代に伝えていく講師業にもやりがいを感じています。

つまり最新と伝統をいかに日常風景に溶けこませるかが、一生涯かけてのテーマです。

人生の問いかけは何ですか?

お一人おひとりの中に答えはあって、それに触れるときカウンセラー冥利に尽きると感じます。答えはどこか外側にあるのではなく、人生のチャレンジや悩み、問いかけの中にあります。皆さんの問いかけは何ですか?

私は40歳前後に大きな悩みを抱え、カウンセラーを辞めようと思うほどの喪失体験がありました。そして「私はだれ?」「なんのために生きてるの?」と問いかけが始まりました。

そんな中、「花のように笑うこと」と言葉にしてしまったらただそれだけですが、不思議な体感とともに「生まれてきたのは、この地球を愛でるため」という理解を、今まさに紐解いている途中です。

これまで支えてもらっていた全ての縁と、子育て期に2人の愛する息子たちから学んだことを、これから出会うご縁を通して恩返しできたらと思っています。

 

私の日常

おてんばな遊び、お祭りや踊りが好き。温泉とお風呂、山も大好きです。山野草、野鳥と出会うと喜びます。

大人になって始めたベリーダンスや巫女舞の趣味が高じて、旋回舞の舞台を主催したり、ハワイで公演に出演したり、全国の神社に舞の奉納にまわっていた時期もあります。その頃、ついた愛称でDEVIと呼ばれることや、お餅が大好きなので、もちこ先生と呼ばれることも。

器用な方で色々こなすのですが、ややこしい事が苦手なので情報過多で混乱します。少なく、ゆっくりな環境を好みます。昔は苦手だった整理整頓もできるようになりました!性格だとか、悩みだと思っていることも、実はだたの癖や特性が活かしきれていないだけかも。悩む必要はない!と人体実験済みです^^

 LINE公式登録でつながってください。

ただいま、登録いただいてご希望の方に『子どものための認知行動療法ワークシート』をプレゼントしています。「ワークシート希望」とメッセージくださいね。

ご予約は以下の問い合わせフォームからもできます。メッセージ欄に希望のメニューや日程をご記入いただいています。

お問い合わせ・ご予約はこちら

コラム:さらに奥にある思い

2020年の初め、北海道の釧路までタンチョウ(鶴)に会いにいきました。日本の国鳥にも関わらず、見たこともない鶴の存在が、前年にハワイのカウアイ島に行った時から気になっていたからです。普段、日本にいると当たり前になっているものが、海外から日本を眺めることで、その素晴らしさに気づくことがあります。私は、鶴に会うことで、日本人としての繊細な感性に触れられるかもしれないと直感し、ハワイから帰ってきて間も無く、北海道への旅を計画しました。
現地では、目の前の真っ白な景色が優しくまなこを癒してくれるようで、心まで温かくなりました。初めて体験したマイナス10度の世界では、足の先まで凍えることも知り、全身で道東の自然を堪能しました。そして何より、暗闇に消えていくエゾシカの家族の姿、遠くに野生のエゾギツネの姿、雪の中でのタンチョウの舞は静かで美しく、また、朝日の中、群れで飛び立つ姿は圧巻でした。
自然そのもの、野生のもの、小さいもの、美しいものがそのままでありますようにという思いが、長年、胸の一番奥の方にあることを再確認しました。
一つの景色に出会うと、その奥にある景色を見たくなったり、一つの発見があると、その次にまた疑問が湧いて探求したくなる、そんなことが多くあります。生きることも、一つひとつに正解や答えがあるのではなく、縁と縁のつながり、出会いと出会いの繰り返しによって、私たちは自分自身の中に移る景色に出会い、プリズムのような大きな輪を描いていくのではないでしょうか。同時に、大きな輪の真ん中の真ん中へと続く道を、それぞれが旅しているのかもしれません。
北海道の旅の途中、こんな話を耳にしました。日本の大地から消えてしまったエゾオオカミ。以降、日本の大地からオオカミは絶滅してしまいました。一方で、タンチョウは奇跡的に絶滅を逃れて、人々の祈りとともに千羽鶴以上の数にまで復活したそうです。「祈りの力」と言って、最近では科学的にも、人の思う力は距離を越えて奇跡を起こすことが証明されています。私自身も、我が子に対して切なる思いを向けた経験の中で感じた祈りの原点を覚えています。
そんなことから、人には、回り回って野生の命をも復活することができる、いのちの可能性が宿っていると思っています。
小さな私個人ができること。それはカウンセリングという地道な仕事を通して、出会う人の内側に眠っている自然と、日本人ならではの感性、命を尊ぶ感覚に触れて、共振していくことです。
激動の同じ時代に、同じ日本人として、ある人とは同じ女性として生きている稀なご縁に、心からありがとうございます。

PAGE TOP